先日、五十肩の人にアレクサンダーのレッスンをする機会がありました。

腕を肩の高さより上にあげると痛みがあり、ぎこちない動きで上げにくそうにしていました。

「腕の付け根はどこだと思いますか?」と質問すると、案の定、肩口のあたりを指さします。

骨格模型を使って、腕を上げると、鎖骨と肩甲骨も一緒についてくることを見てもらい、

腕の付け根が胸鎖関節であり、腕はこの関節から動くということを伝えました。

再び腕を上げてもらうと、始めに上げたときより高く腕が上がるようになり、動きもスムーズになりました。

指で鎖骨を触って根元へ(身体の中心の方へ)たどって見て下さい。

ぼこっとした出っ張りがあります。そこが胸鎖関節です。

触ったまま腕を動かしてみると、その関節が動くのが分かると思います。

腕を肩口からはじまると考えていると、鎖骨や肩甲骨回りを常に固定した状態にしようとします。

そうすると、肩回りの筋肉は固める為にいつも働きっぱなしで、これが肩こりや五十肩を引き起こすことにつながります。

パソコンをしているとき、字を書いているとき、頭を洗っているとき、是非この関節を思い出して下さい。

いつもより楽に腕を動かせることを実感できると思います。