先日、トランペットを演奏している高校生の生徒さんからこんな質問を頂きました。

「演奏の前にやると良いエクササイズって何かありますか?」

そもそもアレクサンダーテクニークは、何かエクササイズをやるから身につくものではないし、
人によって役に立つエクササイズはそれぞれ違います。

でも多くの管楽器奏者にとって役に立つのは、

「息の流れを意識する」

ことです。

そこで今回は、この息の流れを意識する為の簡単なエクササイズを紹介します。

①両腕バンザイしながら息を吐きます。

②両腕を下しながら息を吸います。

たったこれだけです。

①でバンザイをしながら息を吐く時、息が上に向かって上がっていくのが実感できると思います。

このイメージを持ちながら楽器を演奏してみて下さい。

いつもより楽に音が出しやすくなったり、楽に大きな音が出たりする人もいると思います。

このエクササイズをした後、音が出しやすくなった人は、普段息を少し下に向かって吐こうとしている可能性があります。

でも少し考えてみると、息を吐くときは肺の中にある空気が口から出てくるわけなので、息は上に向かって移動するわけです。これが吐くときの実際の息の流れの方向です。

カラダ本来のしくみと自分のやっていることのイメージすることが一致すると、あらゆる動きは楽で効率的になります。

このエクササイズをして、

「息を上に向かって吐いて音を出す」

管楽器を演奏される方は、是非意識してみて下さい。

アレクサンダーテクニーク京都・大阪
講師 土橋健一
レッスン案内
レッスン体験談
レッスン料金
アクセス
無料メルマガ


無料メルマガお申し込みフォーム
お名前
メールアドレス



unnamed-10

oosaka
nagoya

unnamed-12