こんにちは、土橋です。

今回は、アレクサンダーテクニークを学んでいる生徒さんが、良く陥ってしまいやすい落とし穴についてお話しします。

レッスンを受けると、体が楽になったり、動きやすくなったりと何らかの変化が起こります。

良く生徒さんが言われる感想の一つは、「体は楽ですが、いつもより前に重心がある感じがします。」「前に傾いている感じがする。」というものです。

ここで注意したいのは、このような感覚が起こるのは、体についての何かの意識を変えた結果だということです。

例えば、身体についての良くある誤解の一つに、背中側が体(胴体)の支えの中心になっているというものがあります。

背中の真ん中を触ると背骨の突起に触れることができます。

実はこの背骨の突起は、体(胴体)の支えの中心ではありません。

実際には、だいたい体の真ん中を通っている背骨の前側(椎体)が支えの中心になります。

IMG_0576
(「音楽家なら誰でも知っておきたいからだのこと」誠信書房より)

背中側にある背骨の突起が支えの中心だと思っていた人が、背骨の前側(椎体)が支えの中心だと知ると、重心は自然に体の真ん中あたりにおさまります。

そうすると、背中の筋肉が解放され体が楽になり、パフォーマンスも向上します。

この時、普段背中側に重心があった人は、いつもより前に重心があるような感覚が結果として起こります。

多くの生徒さんがやりがちなのが、この結果を再現しようとすることです。

この場合だと、体が楽になり動きやすくなった「重心が前にある感覚」を再現しようとします。

これは上手くいきません。

そもそも同じ感覚が二度は起こらないし、感覚というのは、何かを意識した結果起こるものだからです。

この場合大切なことは、「背骨の前側を意識した」ということです。

その結果重心が前にいったような感じがしたんです。

この結果と考え(意識)を混同してしまう方が多いです。

あの時の感覚が再現できないと悩んでいる方は、そもそも同じ感覚は二度は起こらないということを思い出してください。

そしてあの時良い感じがした時に何を意識したのかということに注意を向けるようにしてみましょう。



無料体験レッスンお申し込みはこちら


アレクサンダーテクニーク京都 
講師 土橋健一

レッスン案内
レッスン体験談
レッスン料金
アクセス
無料メルマガ

・お問い合わせ
レッスン内容や、受講方法など、何でもお気軽にお問い合わせください^^

メール:tutidobashihashi@gmail.com
電話:090-1135-3015

(レッスン中などで、電話に出られない場合があります。その場合、メッセージでお名前とご用件を残してください)