こんにちは、土橋です。

最近色々考えることが多くて、なんだか頭が忙しく、色んな妄想や不安がたくさんある状態になっていました。

これは疲れたなーと思い、一旦考えることをやめることにしました。

そうすると、意識が頭や首の方にばっかり行ってしまっていることに気づきました。

僕が普段レッスンで言っていることを思い出し(笑)頭だけでなく、胴体や脚、腕、背中、お腹など体全体にも意識を向け、呼吸していること、周りの景色が見えていること、聞こえていることをを順番に思い出していくと、頭も少しすっきりしてきて気持ちも落ち着いてきました。

そして、その状態でもう一度、考えたいことを考えてみると、いつものように頭が忙しくなく、変な妄想や不安も出てこず頭がクリアな状態で考えることができたんです。

僕たちは、考えるというと、普通は頭で考えるものだと思いますよね。

もちろん脳が働くという意味ではその通りなのですが、頭で考えている時も体がなくなるわけではありませんよね。

床に足がついていて、呼吸していて、目を開けているのであれば周りの景色も自然に見えていて、音も聞こえてくる、そのような状態の中で考えているわけです。

頭だけで考えようとすると、今ここにいるという現実から離れます。

そうすると、妄想や不安が出てきやすくなります。

逆に、今ここにいる(体や周りの空間が意識できている)状態から考えると、自分の情熱や、望みと繋がりやすくなります。

何かについて考えるときは以下のことを最初にやってから考えてみてださい。いつもと違ったアイデアが生まれてくるかもしれませんよ^^

1、周りの景色が自然に見えていることに気づく

2、周りの音が聞こえていることに気づく

3、呼吸してることに気づく

4、足が床についていることに気づく(座っているか、立っている時は)

5、そうして考えたいことを考える

頭の中同じことがいつもぐるぐる回ってしまうという人は是非試してみてくださいね!


アレクサンダーテクニーク京都 
講師 土橋健一
レッスン案内
レッスン体験談
レッスン料金
アクセス
無料メルマガ

・お問い合わせ
レッスン内容や、受講方法など、何でもお気軽にお問い合わせください^^
メール:tutidobashihashi@gmail.com
電話:090-1135-3015

(レッスン中などで、電話に出られない場合があります。その場合、メッセージでお名前とご用件を残してください)



muryoutaiken