こんにちは、アレクサンダーテクニーク教師の土橋健一(@alex_kyoto)です。

今回は特に、歌う方や管楽器を演奏する方に役立つお話しです。

息を吐くとき、「お腹に力を入れよう!」と思っていませんか?

あるいはそのように指導されていませんか?

吐くときにお腹を使うというのは、間違いではないのですが「お腹に力を入れて息を吐こう」と思うと、本来働いて欲しい部分以外にも力が入ってしまうことが多いです。

今回は、積極的に息を吐くときに身体にどんなことが起きているのか見ていきながら、余分な力みなく息を吐くために大切な考え方をお伝えします。

歌ったり、管楽器を演奏するときなどは、安静時の自然呼吸ではなく、積極的に筋肉を使って吐くことが必要です。

その時、働く主な筋肉は、内肋間筋、腹筋(腹直筋、腹斜筋、腹横筋)、骨盤底筋などです。

腹直筋

腹斜筋

腹横筋

骨盤底筋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(画像はVisibleBodyより)

では、吐く時は、これらの筋肉に力を入れて吐くようにすれば良いのか?

実際には、これらの筋肉だけに力を入れることなんてできません。

そう思ってもその他の周りの筋肉も余分に緊張してしまうでしょう。

試しに、以下の2つのやり方で息を吐いてみてください。

①お腹に力を入れた状態で、積極的に息を吐く。吐き切る。

②ただ息を積極的に吐く。吐き切る。

どちらの方が楽に息を吐けたでしょうか?

また②のやり方では、結果的にお腹の筋肉や骨盤底の筋肉も働いたのが実感できたのではないでしょうか?

つまり余分な力みなく息を吐くためには、どこかに力を入れて息を吐くのではなく、

ただ積極的に吐こうと思って、吐けば良いだけなんです。

その際に働いて欲しい筋肉(腹筋群や骨盤底筋)が結果的に働くような身体のバランスをとることは必要です。

アレクサンダーテクニークのレッスンを行う際に重要な考え方の一つに、

望んでいることが、起きるための環境を整える

という考え方があります。

望んでいることが起こる条件や環境が整えば、自ずとそれは達成されます。

まずは、シンプルに息を吐くということを試してみてください。

その際にどうやったら働いて欲しい筋肉たちが働いてくれるのかなと想像しながら。

次回は、力みなく息を自然に吐くために知っておきたい身体のバランスについてお伝えします。

お楽しみに^^

アレクサンダーテクニーク京都・大阪・名古屋
講師 土橋健一
レッスン案内
レッスン体験談
レッスン料金
アクセス


無料メルマガお申し込みフォーム
お名前
メールアドレス



kyoto_lesson

oosaka
nagoya

unnamed-12