本番

こんにちは、アレクサンダーテクニーク教師の土橋健一です。

本番で普段通りの演奏ができなくなると言われる方は多いです。

今回は、このことについて考えてみます。

どうして本番では、練習通りに演奏ができなくなるのでしょうか?

皆さんも考えてみてください。

練習と本番では何が違うのでしょう?

結論から言いますと、それはそもそも本番と練習が別物だからです。

・演奏する空間の大きさが違います。

・観客がいるかいないかの違いがあります。

・一人で演奏しているか?複数で演奏しているか?

・家で演奏するか?(ホーム)電車で移動した場所で演奏するか?(アウェイ)

他にも様々な違いがあると思います。

これだけ違いがあるものなので、そもそも練習通りに演奏しようとすること自体に無理があります。

ではどうするか?

練習では練習の状況に合わせて演奏しているように、本番では本番の状況に合わせて演奏するのです。

どういうことでしょう?

私たちが普段練習している時、馴染みのある環境でリラックスして演奏できます。

ですが、本番の環境は、いつもより大きな空間で、たくさんの観客がいたりと、馴染みのない環境で演奏することになります。

そうすると、当然いつもとは違う身体の状態になったり、気持ちになったりするわけですが、それはそれで全然OK。いつもと違う状況なわけなので。

むしろありのままに、その状況を見て、聞いて、感じて、その状況に自分を合わせていくということが大切です。

要は本番の状況に慣れれば良いわけなんです。

でも、「何回やっても慣れません。」という人もいますよね?

そう人は本番に起こっている、自分の状態を否定していませんか?

本番で心臓がドキドキしたり、汗がたくさん出たり、気持ち高ぶってきたりすることはむしろ普通のことです。

身体がその状況に合わせようとしている証拠です。

そういう時には、いつもと違う感じのする身体の状態を受け入れ、周りを見たり、聞いたりして、その状況を積極的に認識するようにしましょう。

それを可能にするのは、身体の意識の仕方です。

身体全体を意識し、自分の中心にい続けることで、周りの状況を自然に把握しやすくなります。

レッスンでは、そのための具体的な身体の使い方、意識の仕方をお伝えしています。

アレクサンダーテクニーク京都・大阪・名古屋
講師 土橋健一
レッスン案内
レッスン体験談
レッスン料金
アクセス


無料メルマガお申し込みフォーム
お名前
メールアドレス



kyoto_lesson

oosaka
nagoya

unnamed-12