一番

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、土橋です。

今回は、日常や演奏・ダンスなどのパフォーマンス時に「何を優先させるか?」ということについてお話しします。

例えば、演奏する時、あるフレーズでどうしても体が固くなる、力んでしまうという場合があります。

この場合、演奏者が優先させていることは、何でしょう?

心の中にある音楽のイメージだったり、音色のことかもしれません。

ここには「体の楽さ」を優先するという考えはありません。

というのは体を固くしながらもとりあえずは弾いているからです。

単純な曲であれば、少しくらい体を固めていてもとりあえず弾くことはできるでしょう。

ですが、より複雑で難易度の高い曲になれば、体に余計な力を入れたままではとりあえず弾くことも表現することも難くなります。

アレクサンダーテクニークの創始者アレクサンダーさんは、このようにとりあえず目先の結果を得るためのやり方を、「目的に走る」と表現し、本当に望んでいる結果を実現する邪魔をするものだと考えていました。

私たちの日常生活や、パフォーマンスでもこのような「目的に走る」ことがたくさんあります。

早く洗い物をかたずける為に背中を丸めながら洗い物をする、発表会が近いので体に違和感があるけど何とか頑張って練習する、そして作業が終わった後で痛みが出ることに気づくといったことです。

そうではなく、もっと一つ一つの過程、手順を大切にして丁寧に動作を行いましょう。というのがアレクサンダーさんの主張でした。

その中でも一番優先したいのが「体が楽か」どうかです。

なぜなら全ての動作は体を使って行うものだからです。

この体の動きに無理があれば、いずれ頭打ちになり上達し続けることは難しくなります。

もしあなたが自分の動き、パフォーマンスを根本的に改善したいなら次のように考えてみてください。

「体を固めて動作を続けるくらいならその動作を一旦やめてしまおう。」

実際のレッスンでも、このように体に余分な力が入った瞬間に動作を止めてもらうということを行うことがあります。

固める瞬間に何が起こっているのか?何を考えているか?どこにどの方向で力が入っているのかということを観察して自覚してもらう為です。

自分がいつ、なぜ、どのように体を固めるのかに気づくことができれば、その緊張を自分で手放すことができます。

あなたが根本的にパフォーマンスを改善させたいのであれば、動作をするときに「体の楽さを優先させる」ということを是非意識してみてください。

●大阪レッスンご予約状況

7月21日(土)10時〜、11時〜、13時〜14時〜16時〜17時〜

7月22日(日)11時〜、12時〜、13時〜15時〜、17時〜、18時〜

7月28日(土)10時〜11時〜




無料メール講座お申し込みフォーム
お名前
メールアドレス



kyoto_lesson

oosaka
nagoya

unnamed-12