フルート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、土橋です。

先日のフルート奏者の方とのレッスンで、こんな悩みが出ました。

「高音のロングトーンで雑音が入ってしまうんです。」

楽器のレッスンであれば、アンブシェアをどうするか等、技術的なことを指導されると思います。

ですが、このレッスンは楽器のレッスンではないので、当然技術的なことをお伝えすることはありません。

どんなことをお伝えしているかと言うとこの時は、

「フルート全体の長さを意識してみてください」

という提案をしました。

そうすると、不思議と雑音もなくなり、スーッとキレイなロングトーンになりました。

レッスンでは、このように身体の使い方や何に意識を向けるかという間接的なアプローチから、問題を改善する方法をお伝えします。

その際お伝えすることは、大きく言うと次の2つに分かれます。

 

1、過集中などが理由で頑張りすぎている部分の緊張をやめること

2、逆に意識が希薄になっている為に全体のバランスが悪くなっている部分に意識を向けること

どちらかを意識する、あるいはこの両方を意識することで身体全体がバランス良く動けるポイントをお伝えします。

この方の場合は、身体には十分に意識が向いていましたが、楽器全体への意識は希薄になっていました。

その結果、身体と楽器(フルート)のバランスが上手くとれていませんでした。

その為楽器の長さも含めて意識することで、結果的に身体と楽器全体のバランスが取れ、アンブシェアも自然にしっくりきたようでした。

ここで注意して頂きたいのは、楽器の長さを意識すれば、誰もがキレイにロングトーンが出せるようになるわけではないということです。

あくまでもこの方のその時の身体の使い方や意識の状態に、マッチした提案だったので上手くいったわけです。

姿勢や体の使い方は人によって様々です。

レッスンでは、あなたの身体の状態に合わせたオーダーメイドの改善プランをお伝えします。

技術的なアプローチでなかなか問題が改善しないという方は、身体の使い方という視点から打開策がみつかるかもしれません。

是非一度このレッスンを試してみてください。




無料メール講座お申し込みフォーム
お名前
メールアドレス



kyoto_lesson

oosaka
nagoya

unnamed-12