慢性疾患

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、土橋です。

肩こりや腰痛などの慢性疾患は、慢性と呼ばれるだけあって自分一人で改善していくのはなかなか難しいです。

今回はなぜ一人で慢性疾患を改善するのが難しいのか、そして改善する為に大切な考え方をお伝えします。

例えば肩こりや首こりになって、その不快感を気にしている人は、(自分が凝っていること自体に気づいていない人もいるのでそういう人は別として)何か作業に没頭している時など以外は、常に肩こりや首こりを感じています。

絶えず肩や首に意識が行っている状態になります。

そうすると肩こりや首こりをなんとかしようとすればするほど、余計に肩こりや首こりがひどくなるという悪循環が起こってきます。

つまり、慢性疾患の主な原因はこのように特定の部分に意識が過集中していて、そこから意識が離れられない状態になっていることです。

なので、慢性疾患を改善する為には、この過集中のパターンを変えれば良いわけです。

例えば、肩こりや首こりの人もご飯を食べているときや、食べた直後は肩こりや首こりをあまり感じなかったりすると思います。

それは、食べているときに消化する為に胃などの内臓が働くことで、意識が肩や首からお腹の方に向かうからです。

あるいは、肩こりや首こり改善のために、走るという方もいます。

これは走ることで新陳代謝が良くなるということもありますが、単純に脚(下半身)に意識が向かうことも大きいです。

このように食べるときや運動するときなど、私たちの意識の状態が変わることで体の状態も変わっています。

この意識の状態を変えるということを意図的に起こすことが慢性疾患改善のキモです。

その中で誰でも気軽にできる僕のオススメは、ヒモトレという方法です。

昔の日本人は、帯を巻いたり、ハチマキを巻いたり、タスキを巻いたりしてヒモをうまく使って身体の意識のバランスを整えて動いていました。

現代でももちろん有効ですし、いつでもどこでも寝ているときに巻いていても有効なので興味のある方は、是非試していただきたいです。

そしてアレクサンダーテクニークのレッスンは、まさにこの身体の意識を変えることで慢性疾患を改善し、パフォーマンスを向上させるレッスンです。

ゼロから自分で体の意識をリセットしていく「一人でできるアレクサンダーテクニークセルフエクササイズWS」も開催しています。
詳細はこちら

レッスンご予約状況
●京都
11月
22日(木)11時〜、14時〜、16時〜
23日(金)15時〜、18時〜、19時〜
28日(水)11時〜、14時〜、16時〜、18時〜
29日(木)13時〜、14時〜、16時〜、19時〜
30日(金)10時30分〜、11時30分〜、19時30分〜

●大阪
11月24日(土)キャンセル待ち
11月25日(日)17時〜
12月1日(土)15時〜
12月16日(日)12時〜、14時〜、17時〜
12月22日(日)11時〜、12時〜、15時〜、16時〜、17時〜



無料メール講座お申し込みフォーム
お名前
メールアドレス



kyoto_lesson

oosaka
nagoya

unnamed-12