こんにちは、土橋です。

先日までご案内していたボディメンタルコーチ養成講座の無料相談にはたくさんの方にお申し込みを頂きました。

ありがとうございます!

次回の募集は来年8月以降になる予定です。

さて今回のお話は、誰でもすぐに実践できる美人になる方法です!^ ^

大好きな野口晴哉という治療家(野口整体の創始者)の著作の中で、こんな記述がありました。

『「寝る前に自分の顔を写して、一番美しい笑い方をしてみる。これを1週間続ける。」

これを1週間続けた人が、続けると鏡を見ないでも笑っても、美しい笑顔になるし、今までのいろいろな病気も一斉になくなってしまった。』

そうです。

僕も仏頂面な方なので(笑)、これを読んでから今日まで3日間ほど毎日やっています。

そうすると、確かにちょっと顔が良い感じなったというか明るくなってきた気がします。^^

僕と会って、もし顔が変わっていたとしたら、毎日鏡を見て笑顔の練習をしている成果です。笑

こういう話は以前にも時々耳にしたことがあって、

例えば、トップセールスマンの人が毎日鏡を見て笑顔の練習をしていると言っていたり、

コーチングをしている知り合いの人も、マスクをつけながらすれ違う人に笑顔で語りかける練習をしている

みたいな話を聞いていました。

でも今まではどうもやる気がしなかったんです。

なんか無理に笑顔を作るのって嘘っぽいんじゃないかって。

焦点を当てた方に人は変わっていく

でも今回やってみようという気になったのは、考えが変わったからです。

「笑顔を作るのではなく、既に自分の中にある笑顔を見つける」

こんな気持ちで笑顔の練習をしています^^

自分の中にある、愉快な部分、ご機嫌な部分、楽しい、嬉しい、そういうところを鏡を見ながら探して行くんです。

そうすると、そういう部分が増えて来る。

というか表に出やすくなってくる。

そんなふうに思います。

痛みのある部分ではなく、楽な部分にも意識を向ける

これ体に関しても同じで、

僕らってどうしても、痛みのある部分とか緊張して不快な部分に意識が行きがちです。

でも、実際には痛みのある部分もあれば、楽で軽やかな部分もある。

快適な部分も、不快な部分もどちらもあるのが本来の体です。

体の痛みや不調が起こるとき、たいていの場合は、不快な部分に意識が行き過ぎていることが原因です。

楽な部分、快適な部分にも意識を向けてみましょう。

そうすると、その楽さが増えて体に拡がってきます。

これだけでも体全体のバランスが取れて、痛みが気にならなくなることもあります。

本番であがってしまうというときにも

この考え方は本番で緊張してパフォーマンスが発揮できないというときにも使えます。

緊張すると言っても、体全部が緊張しているわけではありません。

楽な部分もあれば、軽やかに動ける部分もあります。

緊張している部分だけではなくて、それ以外の楽な部分、軽い部分にも意識を向けましょう。

それが本来のパフォーマンスを発揮する突破口になります。

ということで今回は、笑顔つくりの話から、人は焦点を当てた方に変化していくという話をさせてもらいました。

是非あなたも自分が変わりたい方、増やしたい方に焦点を当ててみてくださいね。

<レッスンご予約状況>
●京都
11月
12日(火)キャンセル待ち
13日(水)11時〜、16時〜、18時〜
14日(木)12時〜、18時〜
15日(金)18時〜、19時〜
18日(月)13時〜、14時〜、15時〜
20日(水)11時〜、12時〜、15時〜、18時〜
21日(木)10時〜
22日(金)16時〜、17時〜
23日(土)15時〜、16時〜

●大阪
11月24日(日)キャンセル待ち10時〜11時〜13時〜14時〜16時〜17時〜19時〜
12月7日(土)10時〜11時〜13時〜14時〜16時〜、17時〜、19時〜

●名古屋
12月10日(日)キャンセル待ち

無料メール講座お申し込みフォーム
メールアドレス

kyoto_lesson

oosaka
nagoya

unnamed-12