長時間のデスクワークでも体の疲れない方法

こんにちは、土橋です。

緊急事態宣言も解除され、少しずつ日常も戻ってきますが、、在宅でのデスクワークが増えたという方も多いと思います。

そこで今回は、長時間のデスクワークでも体が疲れにくくなる方法を紹介します。

デスクワークの中でも、特に多いのがパソコン作業がだと思います。

そもそもパソコン作業は特に姿勢のバランスが崩れやすいです。

なぜなら画面に意識が集中して、体への意識がなくなってしまうからです。

体の意識がなくなってしまうと、姿勢のバランスを保つことはできなくなります。

そこでオススメなのが、体に紐を巻くという方法です。

紐を巻くことで強制的に体に意識が向くようにするんです。

そうすることで、パソコン作業などのデスクワークをしながらも、体のバランスを保ちながら作業ができるようになるので、体も疲れにくくなります。

実はこの方法は昔から日本人が日常的に行っていた方法なんです。

・たすき掛け

・鉢巻

・帯を巻く

・草鞋

など昔の日本人は紐を体に巻くことで体の意識を高め、パフォーマンスを高めていました。

これがデスクワークをしている時にも使えるんです。

デスクワークをしている時に、特にオススメなのが、「たすき掛け」です。

 

 

胸と鎖骨、肩甲骨の意識が高まり、姿勢が保ちやすくなり、呼吸も楽になり、腕の動きもスムーズになります。

紐は太さ5〜8㎜の丸ひもを用意しましょう。100円ショップや手芸屋さんで購入できます。
着物用腰ひもやビニールテープでもOKです。

たすき掛けのやり方たすき掛けのやり方についてはこちら

もう一つは、

顎の下から頭頂部にかけ紐を巻く方法です。

頭に意識がいくようになり、姿勢のバランスを保ちやすくなります。

烏帽子巻きのやり方烏帽子巻きのやり方

ちょっとしたことなのですが、紐を巻くことで1日の疲れは格段に減ります。

紐を巻くことは、デスクワークだけでなく、日常のあらゆる動作や、歌や楽器演奏などのパフォーマンス向上にも役立ちます。

是非試してみてください。

無料メール講座お申し込みフォーム
メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください