fbpx

逃げる楽と向かう楽

こんにちは、土橋です。

5月29日(土)にオンライン体操教室内でアレクサンダーテクニークとフェルデンクライスの「呼吸コラボ講座」を開催します。

昨日は打ち合わせをしたのですが、笑うほど凄い内容になりそうです。数万円での有料動画販売が即日決定しました^^

アレクサンダーとフェルデンクライスのコラボ講座というのも日本初開催ではないでしょうか?

今回は、オンライン体操教室会員の限定開催になります。

オンライン体操教室の2週間無料お試しにお申し込み頂くと無料で参加していただけます。
興味ある方はこちらからご参加ください。
https://alex-kyoto.com/bodyworkonline/

さて、今回は「逃げる楽と向かう楽という2つの楽」をテーマにお伝えします。

なんとなくのイメージですが、私たちは物事に取り組むとき、一生懸命頑張って努力して、色々な苦労を乗り越えて目標を達成する。

そんなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?

僕も含め特に日本人はそうしたプロセスをそ美徳としている人が多いように思います。

ここでこの困難に打ち勝っって、目標を達成できれば良いですが、仮にボロ負けてしまうと、「もう嫌だ」となって、向き合うのもやめたくなる、みたいなことも起こりがちではないでしょうか。

つまり言いたかったことは物事に取り組む時、「戦うか?」「逃げるか?」の2つの選択肢になりがちではないかということです。

ここで「逃げる」という選択肢は一つの「楽」をすることだと思います。

この「楽」は休息をするということにもなりますし、逃げるということも時には必要な選択肢だと思います。

物事に取り組むとき「戦うか逃げるか?」そのどちらでもない第3の選択肢を探すことが、僕がお伝えしている身体の使い方のレッスンです。

物事に取り組む時、より楽で自然なやり方はないかと探しながら取り組むことです。

これを仮に「向かう楽」と表現します。

同じ楽ですが、楽の方向性が違います。

物事に取り組む時この、向かう楽を追求すると、あらゆることが効率的になり能力もどんどんアップしていきます。

頑張る方向を一番効率的な楽を探すことに向かわせるんです。

身体のパフォーマンスを上げたい方は是非この向かう楽を探しましょう!

【発声動画講座のご案内】
ジャズボーカリストの東かおるさんと共同で制作していた「楽で自然な発声の教科書」(動画講座)をいよいよ5月20日(木)19時〜にリリースします!

僕の20年間の身体探求の全てをこの動画講座に凝縮しました。

まさに発声における「向かう楽」を追求し尽くしたコンテンツです。

ボーカリストやボーカル講師の方を始め、話すことを仕事にする全ての方の手元に置いて頂きたい「発声の教科書」です!

詳細は明日以降お知らせします。

どうぞお楽しみに^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください